需要と供給

出身校や志望校に着目して時間単価を高める

先生

家庭教師のバイトは忙しい人でも稼ぐことができる高時給のバイトの1つです。しかし、実際には時間外に予習をしなければならないことが多く、実質の時給はそれほど高くならないという場合もあります。より効率的に家庭教師として稼ぐためには、その点をうまく工夫してバイトをすることが大切です。 その1つの手段として、自分が経験を積んでいることを直接利用できるように生徒を選ぶという方法があります。自分の受験した大学の受験対策や、出身校の授業のフォローアップであれば、それほど必死に予習を行わなくても指導を行って行くことが容易です。そういった生徒を選んで家庭教師のバイトをすることにより、時間単価を高めることができるのです。

生徒が選びやすい制限を付けるトレンド

家庭教師のバイトの行い方として、派遣業者に登録するという方法が一般的です。その際には家庭教師側の希望を登録することになるため、志望大学や出身校について生徒に要求することとして希望を出すことができます。 幅広い生徒をカバーできるようにするため、そういった制限を設けないようにするのが一般的な流れとしてありました。しかし、それが一般的となっているが故に生徒側としてはどの家庭教師も同じように見えてしまうという傾向があります。そのため、ある程度志望校等に制限をつけることによってかえって生徒が選びやすい条件を作り出すということが比較的新しいトレンドとして生まれてきています。これによって互いのニーズがマッチするため、お互いにメリットがあるトレンドとして広まりつつあります。また、家庭教師のバイトから教育系の仕事に進むというニーズもあり、保育士の求人も人気を集めています。保育士の仕事は家庭教師とはまた異なるものではありますが、資格を取得して子供の成長に繋がるところで共通してやり甲斐がある仕事です。

派遣制度

先生

現役の学生が家庭教師をするというのはよく耳にしますが、最近では派遣会社のようなところが家庭教師を募り、そこから用途に応じた人を家へ送り込めるような制度にしていることがあります。

Read More...

人気の仕事

先生

学生にとって家庭教師の仕事というのは定番であり、中々に条件も美味しい仕事の1つでもあります。これは小学生から高校生までを対象としていることが多くなっており、受験対策としても利用されています。

Read More...

経験値になる仕事

先生

家庭教師のバイトは、間違いなく経験値になる仕事としての意味を持っています。人間関係を重要にする必要性を学び、そのために何ができるかを考えられて、全く違った社会経験を積み上げられるのが特徴です。

Read More...